学校経営の概要

甲州市立塩山南小学校

T 学校経営の基本方針

(1)児童にとって,「楽しい学びの場」,「温かいかかわりの場」である学校にする。

(2)保護者,地域にとって,「安心」と「信頼」の得る学校にする。

(3)教職員が,「やりがい」と「誇り」の持てる学校にする。

 

U 学校教育目標

ふるさと塩山の自然と文化を愛し,主体的かつ意欲的に自己を創りあげ,社会の進歩に貢献できる『知・情・意・体』の調和のとれた豊かな人格の形成をめざす。

 

《目指す子ども像》 「やさしく かしこく たくましく」

@   心身ともに健康で,たくましい子ども

A   働くことを喜び,仕事に責任がもてる子ども

B   自ら考え,主体的に判断でき,創造性豊かな子ども

C   他人の立場を考え,協力できる子ども

 

《目指す学校像》

@   たくましく生きる力を育てる学校

A   豊かな心を培い,潤いのある学校

B   地域・家庭との連携を深める学校

 

V 学校教育指導重点

1 知・徳・体の調和を重視し,「生きる力」を育む適切な教育課程の編成と実施に努める。

(1)地域や学校,児童の実態に即した教育目標を設定し,特色ある学校づくりに努める。

(2)各教科等及び学年相互間の関連と調和を図り,学習指導要領の趣旨を踏まえ,指導計画の改善と充実に努める。

(3)伝統や文化に関する教育の充実の観点から郷土学習を,社会の変化への対応から情報教育・ICT活用,環境教育等を,学校教育活動の中に適切に位置付けて,その充実を図る。

(4)学校の教育活動全体を通して,体系的・系統的なキャリア教育の充実を図る。

(5)家庭や関係機関と連携し,児童一人ひとりの学習状況等に応じた指導内容や指導方法の工夫を計画的,組織的に行えるよう,特別支援教育の推進に努める。

 

2 生涯にわたり学習する基盤が培われるよう,確かな学力を育む指導と評価に努める。

(1)「甲州市『確かな学力』育成プロジェクト」を基に,教職員一人ひとりの創意工夫ある取組や学校としての組織的・計画的な取組の推進を図る。

(2)山梨県の「授業改善プラン実践事業推進校」として,県や市の「授業改善プラン」を基に,本校独自に作成する「授業改善プラン」の活用を通して,確かな学力の定着と向上を図る。

(3)個に応じた指導方法の工夫・改善に努め,基礎的・基本的な知識・技能の確実な習得を図る。

(4)言語活動の充実と体験的な学習の積極的な取り入れを図り,基礎的・基本的な知識・技能を活用して思考力・判断力・表現力等を育む。

(5)児童のよさや可能性を積極的に伸ばすとともに,保護者との連携を密にして,主体的に学習に取り組む意欲・態度を養う。

 

3 集団の一員としてよりよい生活や人間関係を築き,自己の生き方についての考えを深め,将来の生き方の基礎を培う生徒指導に努める。

(1)「Q−U」を活用して適切な児童理解や心の居場所づくりに努め,望ましい集団活動を通して,心の触れ合いを深め,いじめや不登校,暴力行為等のない楽しい学校生活が実現できるよう努める。

(2)「子ども十の誓い」の啓発と実践に向けた取組を進めるとともに,道徳的価値の自覚及び自己の生き方についての基礎となる考えを深め,よりよく生きていくための道徳的実践力を育む。

(3)充実した体験活動を通して,豊かな心を育てる。

(4)読書活動や文化芸術活動を通して,豊かな感性を育てる。

(5)学校,家庭,地域社会との連携を深め,しなやかな心の育成に向けての取組を推進し,自他を敬愛する心や健全な生活態度を養う。

 

4 体育・スポーツ及び健康・安全に関する基礎・基本となる資質や能力の育成に努める。

(1)運動やスポーツを積極的に推進し,運動の日常化を図ることによって,体力向上の基礎を培う。

(2)身近な健康・安全及び食に関する理解を通して,生涯にわたって健康で安全な生活を送るために必要な実践力を育てる。

 

5 安全・安心を基盤とし,家庭や地域に開かれた信頼される学校づくりの推進に努める。

(1)学校安全計画及び防災・防犯等の危機管理マニュアルの改善・充実と,それに基づく安全管理体制の拡充に努める。

(2)「親のあり方十か条」の啓発と実践に向けた取組を進めるとともに,家庭や地域社会との積極的な交流,協力体制の促進に努める。

(3)学校評価の結果公表をはじめ,情報を積極的に発信し,学校の説明責任を果たす。

 

W 学校教育目標,学校教育指導重点の具体化に向けて

(1)学年・学級の実態と児童の発達段階に即した,学年・学級目標を設定する。その目標達成のため,教科・道徳・特別活動等の具体的な指導との関連性を明確にし,毎日の実践を充実させる教育活動を行う。

(2)学年内の各学級の指導方針や方法の統一と調和を図るため,学年会を充実する。学級づくりは全教育活動の基盤であることから,それぞれの学級で,特色ある学級経営が可能となる教育活動を行う。

(3)学年・学級経営は,PDCA(プラン・ドウ・チェック・アクション)サイクルに則り,検証・改善に努める。

 

職 員 の 信 条

甲州市立塩山南小学校

 

学校は,地域の子どもを中心として地域住民のために存在している。塩山南小学校の全ての児童をわが子と思い,学校をわが家庭と思い,地域をわが故郷と思い,塩山南小学校職員は,その中で何をなすべきかを常に考えていきたい。

 

 

1 子どもと保護者と地域に対し,誠意のある仕事をしていきたい。

 

2 教育とは,よさの追求である。よって,改革的・前進的に職務を見つめ,創造的に実践を積み上げていきたい。

 

3 教育を行うことは,自己を教育することと捉え,常に研鑽に励みたい。

 

4 信頼と連携に支えられた教職員集団を誇りに思い,共に汗した成果は共通の財産として,大切にできるような仕事をしていきたい。

 

 

 

《日常の職務を行う中で心がけること》

 

○情報交換及び伝達の徹底を図り,全教職員が共通理解のもとに活動する。

*「ほう・れん・そう」をしっかりする。(「ほう〜報告,れん〜連絡,そう〜相談」)

*事故等発生した時には,状況を確実に把握し,迅速に対応する。

(学級担任→学年主任→生徒指導主任→教務主任→教頭→校長)

 

○日々の活動を通し,子どもたちの心を知ることに努める。

*子どもたちとの交流の場を大切にし,学級経営等に生かす。

(清掃,放課後,休み時間等)

*子どもたちの相談には,必ず応える。

子どもへの対応を第一とし,事務処理は第二へ。(事務処理等の工夫を)

 

○各分掌の職務内容を明確にし,職務の効率化を図る。