職 員 の 信 条

甲州市立塩山南小学校

 

学校は,地域の子どもを中心として地域住民のために存在している。塩山南小学校の全ての児童をわが子と思い,学校をわが家庭と思い,地域をわが故郷と思い,塩山南小学校職員は,その中で何をなすべきかを常に考えていきたい。

 

 

1 子どもと保護者と地域に対し,誠意のある仕事をしていきたい。

 

2 教育とは,よさの追求である。よって,改革的・前進的に職務を見つめ,創造的に実践を積み上げていきたい。

 

3 教育を行うことは,自己を教育することと捉え,常に研鑽に励みたい。

 

4 信頼と連携に支えられた教職員集団を誇りに思い,共に汗した成果は共通の財産として,大切にできるような仕事をしていきたい。

 

 

 

《日常の職務を行う中で心がけること》

 

○情報交換及び伝達の徹底を図り,全教職員が共通理解のもとに活動する。

*「ほう・れん・そう」をしっかりする。(「ほう〜報告,れん〜連絡,そう〜相談」)

*事故等発生した時には,状況を確実に把握し,迅速に対応する。

(学級担任→学年主任→生徒指導主任→教務主任→教頭→校長)

 

○日々の活動を通し,子どもたちの心を知ることに努める。

*子どもたちとの交流の場を大切にし,学級経営等に生かす。

(清掃,放課後,休み時間等)

*子どもたちの相談には,必ず応える。

子どもへの対応を第一とし,事務処理は第二へ。(事務処理等の工夫を)

 

○各分掌の職務内容を明確にし,職務の効率化を図る。