●学校経営方針

1 学校教育目標

  「ひとりだちできる生徒」 

◇自ら学ぶ生徒
◇たくましい体と心をもつ生徒
◇他を思いやる生徒
◇汗する喜びを知る生徒



2 学校経営基本方針

(1) 生徒の成長を第一に考えて教育活動に取り組む
(2) 教職員が法令を遵守して教育活動に取り組む
(3) 教職員が目標や課題を共有し,共同体制で教育活動に取り組む



3 経営の努力点

(1) 山梨県・大月市の指導重点に基づいて,学校目標の具現化に努める
(2) 「授業改善プラン実践事業」に取り組む。
(3) 健康・安全でムダのない学習環境の整備に努めるる。



4 指導の重点

(1) 各教科において
一人一人の個性・能力に応じて,確かな学力を身につけさせる。
「わかる授業」のための指導法の工夫・改善を図り,授業の活性化を目指す。
言語力(表現力)の育成を重視した授業を創造する。
家庭学習の習慣化を図る。
(2) 道徳において
「おもいやり」「生命の大切さ」「規範意識」を重点に,心の育成に努める。
人間尊重の精神を基盤に,道徳的実践力を育てる。
全領域において関連を図りながら,総合的に道徳心を醸成する。
(3) 総合学習において
「国際理解」「福祉」「情報」「環境」領域等の素材をもとに,体験,観察,実験,調査,発表,討論,生産活動を仕組み,主体的に問題解決を図り,自己の生き方を身につける態度と能力を育てる。
「キャリア教育」「食育推進事業」の取り組みの充実・深化を図る。
(4) 特別活動において
望ましい集団活動を通して,実践的態度を育てる。
健康,安全,体力づくり等を基礎とし,健全なたくましい精神と身体を育てる。
生徒のやる気,勤労意欲を育てる活動を計画し,充実させる。
(5) 生徒指導において
教師との信頼関係,生徒相互の人間関係を深め,共感的指導に努める。
基本的生活習慣を身につけさせ,自律の心を育てる。
価値ある文化,芸術,自然等を体験させ,豊かな感性の涵養に努める。
保護者及び地域との連携を図り,健全で安全な生活態度を育てる。
(6) その他の教育活動において
生徒会活動−学校生活の向上を目指し,仲間を大切にし,自ら管理運営する力を育てる。
合唱活動−連帯意識,協力,助け合いのもとに,豊かな感性を育てる。
部活動−自主活動の促進と,心身・技術の発達・向上に努める。
委員会活動−日常的な奉仕活動や地域社会との連携を通じて,進んで行動・実践できる生徒の育成。
交通安全−交通安全への意識を高め,危険を制御できる能力や態度を育てる。
読書活動−読書意欲を育て,豊かな感性を育てる。
保健指導−児童の自主的な保健活動を仕組み,健康な生活ができる実践力と態度を養う。
キャリア教育−社会人・職業人としての資質・能力の育成に努める。
給食指導−食事についての正しい知識・食習慣を身につけさせる。



5 めざす教師像

私たち大月東中学校の職員は

(1) 信頼される教師集団。
(2) 学力を保障する教師。
(3) 生徒の心の痛みがわかる人間性をもち,生徒の心に語りかける教師。
(4) 職員の共同体制を大切にする教師。(師弟同行)
(5) 常に研修に努めること。