例年になく大発生 
     花粉症のメカニズムは
                 …「スギ花粉症」・その傾向と対策を探る

 数日間降り続いた雨も上がり,久し振りに晴れて暖かい 2月中旬のある日,どうも朝から目がかゆく,やたらと鼻水が出る。子供の風邪が移ったかな,と思ったが他の自覚症状が現れない。今一つ調子が出ないまま半日過ぎたあたりでハタと気が付いた,「これは,もしかすると花粉症かもしれない」と。身延の山の中で育った自称「野生児」の僕が,まさか,とは思ったが,そう思ってみると今まで「花粉症」など所詮都会人の軟弱病だろうと,たかをくくっていて詳しいメカニズムなどとんと興味がなく,知識が全く無い。でも、スギなど「花粉症」の原因になる花粉は昔からあっただろうに,どうして最近は,新聞にも「花粉予報」が載るほど「花粉症」が激増したのだろうか。また,どうして僕のように,ある日突然に発病するのだろうか。今年はスギ花粉の飛散量が多く「花粉症」が多発する、との予報も出されている。「花粉症」とは,どのような病気なのだろうか。なぜ最近になって急増したのだろうか。そして,防ぐ方法はないのだろうか。「花粉症」の傾向と対策を探ってみた。

 「花粉症」は植物の花粉が抗原になって起こるアレルギー反応の一種。特別な食べ物を食べたときに体中にじんましんが出るのと同じ,次のようなメカニズムで発病すると言われている。目や鼻の粘膜に付着した花粉は,水分を吸収して膨らみ割れ,抗原になるタンパク質を放出する。放出された抗原に対して,体内の免疫システムが働いてこの抗原を無力化する免疫グロブリンと言う抗体が作られる。毎年,同じ花粉を吸い続けると,その花粉の抗原に対する抗体が次々に作られ,粘膜や皮膚にある特殊な細胞の表面に蓄えられる。蓄えられた抗原の量がある一定の量を越えると,新たに入ってきた抗原が表面にある抗体と結び付く刺激で,細胞はヒスタミンやロイコトリエンなどの化学物質を放出するようになる。
 この物質が神経や涙腺,血管などを刺激して,かゆみ,クシャミや鼻水など「花粉症」に特有な症状を起すことになる。この抗原・抗体反応は健康な人ならだれでも起こるが,普通の人では過剰に反応しないようにブレーキがかかる仕組みを持っている。しかし,遺伝的にこの力が弱い人は,毎年蓄積される花粉抗体の量がある一定値に達するとこのメカニズムが働き,突然「花粉症」に襲われることになる。だから,「花粉症」はもともと20〜30代が最も発病し易く,子供には発病し難い病気だった。それが,君達にも多発するのは,高タンパク・高脂肪の食事による体質の変化と,花粉量の増加に原因があると言われている。

 「花粉症」の原因になる花粉は,風の力で花粉を飛ばせて受精する「風媒花」と呼ばれている針葉樹やイネ科,キク科などのものが多く,ほぼ一年中発病する可能性がある。しかし,「花粉症」が圧倒的に 2〜 4月の早春に多発するのは,この時期に多量の花粉を飛ばす,スギに原因がある。スギは日本特産の針葉樹で成長が早く,建築用材としての需要が多いこともあって,戦争中の乱伐でハゲ山になった全国各地に多量に植えられた。これらの木が成長して多量の花粉を飛散させるようになったことと,木材価格が下落して山林の手入れが行われず,木の本数が減少しなかったことなどが原因になって10年程前から,春先に飛散するスギ花粉の量が急激に増加し,それと伴に「スギ花粉症」が猛威を奮い始めた。

 「花粉症」は体内の抗原・抗体反応にもとずくアレルギー反応なので,一度発病すると根本的に治療する方法がない。とりあえず,遺伝的にアレルギー体質を持っている可能性のある人は,マスクをかけて,出来るだけ花粉を吸い込まないように努力する。既に「花粉症」になっている人は,花粉の飛散する前に「坑ヒスタミン剤」などを飲んでおくと症状を和らげることができる。などの対策を講ずるしかない。また,近いうちに「花粉症」かかる可能性の有無は,体内の免疫グロブリンの量を調べれば簡単に判定できる。心配な人は是非どうぞ。
 近い将来「花粉症」の特効薬が開発される可能性は余りないそうなので,しばらくは,春先の憂欝とじょうずに付き合っていくしないのが悲し現実のようですね。
フキノトウ (蕗の薹)  Petasites japonicus  [きく科]
 例年にない暖かさに誘われて,家の近くの畑の斜面に緑色の帽子を被ったフキノトウがたくさん芽を出した。
 フキノトウはフキの若い花茎のこと。大きな鱗状苞(りんじょうほう) に包まれ,先端にクリーム色の頭花をたくさんつける。
 まだ苞が開いていないつぼみは,生やゆでて食べると特有の苦味と香りがあって大変おいしい。

トップページに戻る甲府西高編のトップページに戻るこのページの先頭に戻る