甲府盆地南部は天井川のメッカ
釜無川も巨大な天井川
…盆地南部で天井川の実態を調べてみると
市川大門の市街地から富士川の左岸をJR身延線と並行して走る主要地方道市川大門・下部・身延線に沿って南下すると,市街地を抜けた辺りで,道路は高田トンネルという短いトンネルをくぐり抜ける。このトンネルは,集落の裏にある大畠山(おおはたやま)から流れ出している印川(いんがわ)という天井川の下に作られた県内では珍しいトンネルだ。この印川ほどではなくても,耕作地や宅地より高い場所を流れる天井川が甲府盆地の南部一帯には数多く見られる。天井川はどのようにして作られたのだろう,なぜこの付近に多く見られるのだろう,盆地南部で天井川の実態を調べてみた。
甲府盆地南端を上空から見る
         …「富士川ウオッチング」国土交通省甲府河川国道事務所編より
高田トンネルの上を流れる印川に登ってみた。水は流れていなかったが,河床には大小の石ころが転がり,川の両岸に築かれている2m余りにも達する石積みの護岸を除けば,山裾から流れ下る普通の沢といった雰囲気だった。ただ川の流れる場所(河床)は両岸に見える民家の屋根ほどの高さにあり,護岸の上に立つと,民家の屋根が足下に見え「天井川」とは,極めて的を射たネーミングであることに感心させられる。
@市川大門町高田「高田トンネル」…印川が屋根より高い場所を流れ,県道や並行して走る身延線はトンネルになって川の下を通っている
 この印川が天井川になったのは,裏山から供給される土砂が急傾斜地から平坦地に出てきた場所に堆積し,さらに,土砂は印川が合流する笛吹川に押し流されないままに次第に高くなっていったためだ。富士川をはさんで高田トンネルの対岸には,巨摩山地から流れ出した滝沢川,長沢川などの天井川と,盆地内だけを流れる河床の低い川が折り重なって釜無川に流れ込む「五明の合流地」がある。ここでは,昭和40年代に天井川の下を河床の低い川が流れるように大規模な河川改修が行われ,この地域での洪水を防いでいる。周辺の山地から流れ出す土砂が円滑に下流へ流れず河床が上昇して天井川化する現象は,盆地南部で富士川に流れ込む川だけでなく,富士川の本流でもある釜無川でも見られる。
A五明合流地…旧利根川,長沢川,坪川,五明川,滝沢川,横川,西川など,何本もの天井川や河床の低い川が合流する場所。川を立体交差にして,洪水を防止している。堤防工事案内板(国土交通省)を見ると複雑に交差している川の相互関係がよく分かる
 田富町と南アルプス市を結ぶ浅原橋付近で,釜無川をはさむ東西方向の標高を精密に測量したデータを見ると,水が流れている場所の川底にあたる最低河床は247.6m,石や砂が堆積している河原は平均249m,最大水量(堤防の高さ)は253.2mであるのに対して,民家が建てられている周辺の宅地は248.4mしかない。宅地は河原よりも1m余り低く,釜無川の水面程度の高さになっている事が分かる。釜無川と笛吹川の合流点に近い田富町の浅原橋付近で,堤防上に作られた道を走ると,道路が二階建ての民家の屋根よりもかなり高い場所にあることが分かり,この事が実感できる。
B浅原橋…釜無川大橋との間の釜無川右岸堤防,釜無川の河床と堤防近くにある二階建ての民家の屋根の高さに注目
 富士川本流の釜無川が天井川化しやすい最大の要因は,盆地を流れる全ての川の水を集めて南下する富士川の流れが,盆地の出口にあたる「禹の瀬」で妨げられていることによるが,もともと甲府盆地の広い範囲を流れていた釜無川は狭い堤防内に閉じこめられたため,上流から供給された土砂が堤防内の河原に堆積して,河床面が高まり,天井川化が急速に進んでいることも確かだ。このような河川で万が一堤防が決壊した場合には,川の水はより低い住宅地に流れ込み,周囲一帯に大きな被害がでる事は容易に推定できる。堤防を過信し,ともすれば忘れがちな洪水の危険性を再認識したい。
レ ン ゲ シ ョ ウ マ
蓮華升麻Anemonoposis macrophylla [ きんぽうげ科]
 数年前,地区の子供クラブの夏休みのキャンプで御坂山地の黒岳に登った折り,登山道の脇の林の中で,長い茎の先についた白っぽい花を吹く風に揺らしているレンゲショウマの花を見つけた。
 その時から,是非この花を紹介しようと,幾度となく機材を持って御坂山地を訪れたが,タイミングが合わず,紹介するまでに3年もかかってしまった。
 レンゲショウマは日本特産の多年草。名前のレンゲ(蓮華)はハスの花,ショウマは中国で風邪の解熱剤などの生薬として利用されているサラシナショウマの仲間のことで,縁に鋸歯を持つ小葉で構成されている葉がサラシナショウマに似ていて,長 い茎の先端についている花がハスの花に似ているところからこの名が付いた。花の外側にあって花びら(花弁)のように見える部分は,がくで,中心部にあるのが本当の花弁。
             …芦川村新道峠にて
… 蓮の花開かんとして茎動く 滝沢伊代次

トップページに戻る甲府一高編のトップページに戻るこのページの先頭に戻る